performanceDetail
productImageArm

サスペンションアームのジオメトリーを補正し、走行性能を極限まで高めるアイテム。純正パーツの強度不足も改善しサーキット走行をより高度な領域へと進化させます。

サスペンションアームのジオメトリーを補正し、走行性能を極限まで高めるアイテム。純正パーツの強度不足も改善しサーキット走行をより高度な領域へと進化させます。

右のグラフは、スバル・インプレッサ(GDB)用のフロントロアーアーム強化プッシュに圧を掛け、変形する度合いをテストしたものです。
50kgsの時点での変形は、ノーマル:1.36mm、A社製:0.49mm、Z.S.S.製:0.44mm
100kgsの時点での変形は、ノーマル:3.32mm、A社製:1.46mm、Z.S.S.製:1.18mm
200kgsの時点での変形は、ノーマル:5.69mm、A社製:3.67mm、Z.S.S.製:2.90mm
300kgsの時点での変形は、ノーマル:7.61mm、A社製:6.02mm、Z.S.S.製:4.82mm
Z.S.S.製のブッシュの強度は、どの時点でもA社製を上回り、特に高速域に於いてのハードなコーナーリング時のコントロール性の高さを発揮しました。

armGraph

ピロボール

Z.S.S.製のピロボールはクロモリカーボン鋼のピロボールをデュポン製特殊プラスティックで包み、従来のテフロン製に比べ、格段に寿命を延ばすことに成功しました。
従来のテフロ製に見られたガタつきの発生を抑え、更にアンチダストカバー(車種によってはダストカバーの無いタイプもございます。)により、オイル・水分、また細かなゴミの侵入を防ぎ、更に高いコントロール性とシャープなハンドリングに役立てられるピロボールに仕上げられています。

pillowBall
productImageArm2

強力ゴムプッシュ

高速域におけるハードなコーナーリング時でも純正はもちろん、メーカーチューニングブランドよりもゴムプッシュの変形を抑えるように設計されています。

productImageArm3
wheelAlignment

アライメント・スタビリティ・ステアリング、そしてパフォーマンスは、車のさまざまな関係性から成り立っています。一番重要な関係は、サスペンション性能とステアリングシステムです。サスペンションのジオメトリーは、「サスペンションとステアリングリンクエージとホイールの角度関係」であると定義されています。

キャンバー

自動車を正面から見た時に、タイヤの倒れ角度が内側か外側に倒れているかの角度を言います。
タイヤの外側へ倒れている場合は、ポジティブなキャンバーで、タイヤの内側に倒れている場合は、ネガティブキャンバーとなります。
ネガティブキャンバーは、コーナーリングの際のグリップを改善します。
これは地面に対し、タイヤの角度を調整することにより改善されます。

camber

キャスター

キャスターは、車の側面から見た時に、ストラットの角度がフロント側に傾いていたら、ネガティブキャスター。
後方に傾いていたら、ポジティブキャスターといいます。
ポジティブキャスターの場合、高速時の安定性を高めるといわれています。
また、低速時でもステアリングの切れが良くなります。
高速時の安定性が高まる上に、ハンドルの戻りが良くなり、力強く旋回することができます。

caster

トーイン/トーアウト

真上からみた状態で、タイヤの先端が内側に向いているものをトーインといい、逆に外側に向いているものをトーアウトといいます。
キャンバー角がポジティブな場合にはトーインにし、またネガティブな場合にはトーアウトにして、ドライビングのバランスを調整します。
Z.S.S. DG-Stormは、自由にご希望通りの設定が可能です。
トーインにすれば、曲がる際の安定性を高め、トーアウトにすればハンドルの操作性に対して車体が機敏に反応し、ドリフトやサーキット走行に最適です。

to

ロールセンター

ロールセンターとは、車がロールする際の中心で、サスペンションの上下アームのそれぞれの延長線の交点とタイヤの接地面中央を結ぶ線上の車体中心線上にあります。
ロールセンターは通常、車の重心より下にあり、重心とロールセンターの距離が車の基本ロール量を決定します。
(重心とロールセンターの距離が長い程、ロール量が大きくなります。)

roll